スタッフのひとり言:毎朝の日課は、楽しむに限る

スタッフのひとり言:毎朝の日課は、楽しむに限る

こんにちは。kuihスタッフ香取です。

クローゼットの中で大人しく控えていた夏物のお洋服たちが 「自分の出番は今か今か」 とソワソワしはじめる季節になってまいりました。
夏のおしゃれで何かとお世話になるものと言えば、やっぱり「Tシャツ」ですよね!

気軽に着られるからこそ、毎日手が伸びるアイテムではありますが、大人になればなるほど、自分とTシャツがきちんとフィットしたものを選ばないといけなくなってきました。
わたくしのTシャツ選びのテーマは『着やすいけれど、だらしなくならない』年相応にきちんと、でも、おしゃれは全力で。

そこで今回はオススメしたい「Tシャツ」をご紹介します!

ーーーーー✄ーーーーーーーーーーーーーーー✄ーーーーーーーーーーーーーーー✄ーーーーー


■ 袖に注目!主役も脇役もこなす実力派




今年の注目は、やはり袖にボリュームがあるデザイン!
女性らしく、華奢見えが叶うパフスリーブは定番の人気デザインですが、今年はギャザーを寄せずカッティングで丸みをを作る袖へと進化しています。
パフスリーブに比べても甘さが抑えられているので、着回しがしやすくオススメです。



 
 ▲ 商品はこちら ▲

袖口がホイップクリームのようなデザインのカットソーは、肘にかかるくらいの袖丈。可愛らしさはあるものの、バインダーネックの厚みがしっかりしているので少しラフな雰囲気。
人気のオールインワンに合わせて、休日アクティブなお出かけに。



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

袖に立体的なカッティングが施されたカットソーは、仕事など普段に着るならハンサムな雰囲気のパンツに合わせるのも良かったのですが、ジメジメ気分を吹き飛ばしたくて、爽やかなブルーのオリジナルプリントのワンピースにインしました。お洋服を着るワクワクを優先しました。


✓ カジュアルでいて、エレガント



当店大人気の「ポンチローマバックロゴTシャツ」
ゆったりとしたビッグシルエットなのですが、ビッグシルエットと聞くと、なんとなく「だぼっ」という音を想像して「だらしなくなりそうだな」と思ってしまいそうになりますが、生地に注目して選ぶと、落ち感がキレイで、動くと空気をはらんでとてもエレガントに着られます。

ポンチローマの生地がまさにそれで、少しツヤと張りがあるので落ち感がとってもキレイ。
ビッグシルエットだから生まれる、ショールで包まれるようなゆったりした優美な落ち感はカジュアル、というより、もはやエレガント!



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

もちろん、デニムで合わせればカジュアルでデイリーな雰囲気で着られますが、素材がやっぱりキレイな印象が出るので「THE・カジュアル」な雰囲気にはならないのも魅力。
ゆったり着られるので、熱がこもらず風が抜けるのも嬉しいです。
肘とお尻が隠れるのも、かなりポイント高いです。


✓ 機能性抜群!ドライコットン



デザインはおしゃれなものが良いのは前提として、季節柄、着ていても気持ちいものを選びたいのは当然の欲求ですよね。
そんな欲張りな気持ちにフィットするのが「ドライコットン」シリーズ。どのデザインを選んでも華があるのに、加えて機能的!



糸の毛羽を極限まで処理することで、サラッとした肌触りに。生地の密度が高いので、しなやかさはあるものの、しっかりした素材を着ている安心感があります。
また、接触冷感の糸を使用しているので、ひんやりとした感をプラスしているのも、今の季節に着たくなるGoodポイントです。



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

こちらのトップスは袖がフレア+シアーと、今夏のトレンドを抑えた良いとこ取り!素材にハリがあるので、袖のフレアがシャツを着ているように立体的。
動くたびに袖のフレアが揺れるので、落ち感と動きがキレイで涼し気なマーブルプリントスカートと合わせました。



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

両サイドにオリジナルのニットテープが入ったTシャツは、シンプルなボトムに合わせても華があります。サイドにスリットが入るのでボリュームがあるボトムスと合わせるのもオススメですが、今回はホワイトのスカートでバイカラーコーデにしました。


✓ 夏といえば、やっぱりボーダー



ボーダーといえば、夏の定番!爽やかな印象で、どんなスタイルにも合わせやすく、困った時の救世主。線の太さ、色、襟、シルエット、少しの違いでも色々なパターンで楽しめますので、様々なバリエーションを揃えたくなってしまいます。



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

少し光沢感があり細い線のボーダーは、大人らしい印象。なのでボトムは動きがキレイで女性らしく柔らかい雰囲気のラベンダーカラーを選びました。



こちらのカットソーのお気に入りのポイントは、肩のトップを少しつまんで縫ってあるので、袖がないのに二の腕の“振りそで”と呼ばれる憎きチャームポイントを程よく隠してくれるところ。こういう小さい配慮も嬉しいです。



 
 ▲ 商品はこちら ▲ 

襟ぐりが太めのリブは、メリハリがありカジュアルな印象なので、元気いっぱいのグリーンのボトムと。ポリエステルの光沢感とサラッとした肌触り。ハリのある素材を使用しているので、シャキっとしたきちんと感が。

ハリのある素材は、アイロンがかかったようなキチンと感がでるので、カジュアルな雰囲気でもだらしなく見せない、細部まで気がいっている印象になるので、わたくしのようなズボラさんには強い味方です。
また、Tシャツに限らず、柔らかい素材は体のラインをそのまま拾いがちなので、ある程度ハリやコシのある素材を選んだ方が体のラインがキレイに見えます。

ーーーーー✄ーーーーーーーーーーーーーーー✄ーーーーーーーーーーーーーーー✄ーーーーー


この他にも、オススメしたいTシャツはあるのですが、このままでは止まらなくなってしまいそうですので今回はこの辺りで終わります。

これから本格的にTシャツ選びが日課となる季節がやってきますが、どうせなら素敵なコーディネイトを見つけて、テンションを上げて毎日を過ごしたいですよね。
数あるアイテムの中から、当店のお洋服が皆さんがファッションを楽しむお手伝いができたら嬉しく思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



■過去のひとり言■

  
  ♯002       ♯001

会員登録で10%OFF

登録後、全品に使える10%OFFクーポンをメールにてお届け。会員登録はこちら